No 11045

リーディング for すずきすずよ
2009年2月7日

Question 1

私の前世をお知らせください。

Source

前世において朴訥、純朴で一途な性格の人でした。自分がこれぞと思うことに人生のすべてを投入する、ひたむきな人だったのです。

そして、黙々と自分のすることに取り組み続けていました。それが、生まれ変わりを越えていつでもいつでも見られたあなたの大まかな傾向だからです。

軽い人ではなく、その時の気分や状況しだいでコロコロと自分を変えてしまう人では無かったのです。信仰も含めてさらに人生全般の内面的な在り方として、いつでも信念の人だったのです。こうだと思うこと、それを自分の意志で貫くところがありました。

同時に一方、とても素直で純情なところがあり、ひたむきに進みつつも自分で気づいたり、或いは外から気づかされたりして、自分の思いや行いが必ずしも正しくない、或いは他のことをしたほうが良いと分かったら、すぐにそれを認めて改められる健気さや純真さがありました。

要するにいつでも正直だったのです。正直で純情さが内面的な特質でした。自分に嘘をつけない人でした。周りに対しても飾ったり、繕ったりすることはほとんどありませんでした。

表面的には無口で頑固で譲らないように見えましたが、内面的には潔さがあり、謙虚でほんとうのものを求めて歩み続ける人だったのです。

外に対して意地を張ることはありませんでした。飾らず、作らず、思ったとおり生き、また自分の思いが外にも表れ出る人でした。行動としてはなかなか外交的で実行力のある人でした。思い立つと直ぐに行動に移しました。

つまり、多くは語らない人だけれども行動としては積極的でした。無口な行動家でした。喋って何もしないという人ではなかったのです。

やはり前世においては手作業などに取り組んでいた事が多く、美術や造形に関わったことが職業的には圧倒的に多かったです。

勿論、主婦業も女性として営んできました。自分に意思を貫くことがとにかく多かったので、人生一途であり、人生をひとつの事で全うしたことがあなたの特徴でした。

また前世において美術ほどではありませんが、ほんの少しだけ歌や朗読など声を使う仕事に就いていた事がありました。またその関連で教師だったこともありました。人に教えたりガイド役を務めた事もありました。音楽にも多少関わった事もありました。

いづれにせよ自己表現に多くを費やして来た人なのです。広く浅くの人ではありませんでした。ひとつを徹底して極めて黙々と取り組んで来ました。

そのような人でしたので、真理に対しても並々ならぬ熱意があり、行にも打ち込みました。
あなたの実践的でもあるタイプからもこのことは肯けます。宗教においてもやはり行に打ち込む積極的な人でした。

生まれ変わって来たところはほとんどが東洋に絞られています。したがって生まれ変わりの大半を東洋人として過ごしました。

ヨーロッパで白人だったことはほとんど捉えられません。しかし中央アジアから中近東にかけてまでなら、何度か生まれ変わったことがありました。

また、古代エジプトにも2度くらいは生きていた事がありました。しかしそれらはやはりあなたの中では例外的あり、アジア大陸と日本列島が主でした。その他、太平洋諸島、北米大陸、南米などでも少しばかり生まれ変わりました。

これまで生まれ変わってきた回数は80回程度です。回数に特に異常は認められません。平均より少し多めです。行動派だったし、勇気と活力がありましたので、生まれ変わりを厭うことはほとんど無かったからです。挑むように何遍も生まれ変わって来ました。

割とマイペースなところがあるので、必ずしも縁のある魂たちと歩調を合わせるということに限られませんでした。

自分に合わせるところがあったのです。利己的な面がありましたが、同時に一方、自分の中でバランスを取るかのようにとても寛容に忍耐強く、博愛主義の理想化でもありました。自分の我儘さや利己性にも気づき、これではいけないと行にも打ち込んで来た人です。

向上心は強く、人を見てあげたり育てたり、自分で自分を育てて向上を計ることに多くのエネルギーを費やしました。

全般的にもの作りと表現芸術、それから広い意味での教育に特質と使命のある人なのです。

数ある前世の中では自然に対して手を加える芸術にも取り組んだことが何度かありました。盆栽に似た植物や樹木に対する造形です。自然との関わりで表現を与え、手を加えながら植物や樹木を育成することに取り組みました。また花を描いていたこともありました。
人物画も描きました、自然の風景画も描きました。調理にある程度凝っていたこともありました。農業も営みました。

また例に漏れず、家族のために苦労し世話をしたこともありました。土地に縛られて抑圧気味だったこともありました。大半を女性として生きましたが、男性だった時も80回のうち15〜20回は体験しました。これに対しても特に異常は認められず、基本的な性である女性以外の男性としての体験の割合はまずまずといったところです。偏りはありません。

またあなたの中の生まれ変わりの特徴として、肉体労働や肉体作業など身体を張って作業に取り組んだことが多かったということがあります。これは女性だった時、男性だった時に限られません。自分の身体全体を使って仕事や使命に打ち込む、或いは子育てをしたり家族を介護する。ですから宗教に関わった時も全身全霊で身体ごと行なう行を自ずと行なうようになった訳です。

体験で真実を掴み取り、手ごたえを憶えて納得する、或いは、会得を目指す。宗教においても心の平安や頭の認識という以上に、とにかく身体全体を使って行なう事で体感しつつ、本当のものを掴み取りたい、会得したい、そのような特徴が強いのです。

観念的な人ではまったくありませんでした。その意味で下のほうのチャクラも強いほうであり、全部が目覚める、或いは自分の生命全体で神様と繋がらせていただく、自分が救われる場合も魂だけが救われるというより、自分が丸ごと救いとられる、そのような事を求めて取り組んでいた人なのです。

その意味でやはり積極的、行動的な人で体人間でした。

人間は頭人間、心人間、体人間と分けた場合、あなたは間違いなく体人間のタイプだったのです。今でも基本的にそれは変わっていません。

そもそもあなたは生まれ変わってもそう変わらないほうなのです。ですから、今も前世の自我、素地がそのまま出ています。それは正直で純朴という事、ひたむきということと関連しています。生まれ変わってもあまり変わっていない、というのは成長出来ていないというのではありません。タイプの事です。

その意味では一貫性があるのですが、ただ周りに柔軟に応じる面が足りなかったことはありました。しかし周りに振り回されない誠実さがあり、一部の人たちからはとても信頼され頼られてもいました。そして、ひとりひとりを自立させるように関わってきています。

認識のタイプ、感情のタイプ、意志力のタイプと分けるならば、意志力のタイプだった人です。感情や認識を抑えてまで、自分の意志でこうしたいという思いが強く、自意識も強いほうでした。

しかし、それだけに気づきも気づくのも早く、改めるのに遅いことはありませんでした。周りに対しても早いほうであり、率先して事にあたる自発性の強い人でした。受身的なタイプではありませんでした。しかし素直でこうだと思うことに従って直ぐ心を入れ替える面もありました。

惑星の滞在について観てみると太陽に縁がある事が多かったです。そのためどこか一番主義や中心主義があり、本物の、ほんとうのもの、主たるものに惹かれたり、縁付きやすいところがあります。それと太陽のようなオープンさ、堂々とした面や気迫もあなたに備わっています。こそこそする事はまずありません。こそこそするくらいならしない人でした。

また宗教においても自ずと太陽信仰に関わりが出来た人です。光と命の霊的存在にご縁が出来やすかったです。またパワフルな霊的存在にご縁が生じやすかったのです。

例えば大日如来、お不動様、それから少しだけ阿弥陀様などです。神道の関係でもやはり天照系太陽信仰のご縁が生じやすかったです。そのため今でも太陽系の天照様の系統のご縁をいただいています。

エジプトに生きていた時も太陽信仰にご縁がありました。人々に対して勇気と思いやりと責任を取ることをそれとなく教えてきた人です。身をもってお手本となることがあなたのしてきたかった事でした。

霊界にいたときはよくよく反省し、行じ、また集団で霊界で暮らしていたときには、まわりをサポートしていました。また念入りに来世の事を指導霊のもとで練って、とても真面目で真剣でした。この世に人間として生きていた時もいつでも真剣勝負で気迫がみなぎっているパワフルな人としてありました。

ただ、そのパワーがやや内にたたみ込まれているのが特徴で、それを自分で上手く表現を与えて芸術性の高いものとして表わす、ということで調整を図ってきている人です。

一番最初に地球に人間として生まれてきたのは20数万年前です。現在の太平洋諸島からインド洋にかけての地域です。一般にはムー大陸と呼ばれる伝説の大陸です。捉えられる限りでは、あなたが最初に降りてきたのはムー大陸でした。

なかなか活力に富み、多くを話す人ではありませんでしたが、行動しながら確かめ、つかみとって生きる、何にでも挑むタイプの人でした。割と目立つ存在で周りより何歩も先んじていました。

しかし、上手くいかないと焦ったり、イライラするところもあり、やや気難しがりでもありました。しかし、周りから見るととても頼もしく気迫に富んでいました。しかし調和的な面はやや足らず一部の人からは少し敬遠されました。しかしとてもストレートで黙々と取り組んでいました。

インドにも生まれ変わって行きました。インドの影響はあなたの中で結構大きいです。これまでに3〜5回は生まれ変わって来ているのです。インドで生まれ変わりながら随分、自分の素養を見につけ、精神統一や行の基本を会得しました。

日本ではこれまでに12〜3回は生まれ変わってきています。日本の中で影響が強いのは鎌倉時代初期のものです。そのときは北関東に住んでいました。鎌倉幕府が南関東にあったわけですが、関東の骨太の精神と素朴さをあなたも見に付けていました。

あなたは思った事は行動に移し、とにかく確かめるところが大きい人でした。また身を持って自分の思っていることや信じていることを示し、周りのお手本にもなっていました。

当時も宗教にはご縁が深く、仏教を中心に古代からの東北の修験道に自分を投入していました。当初は東北の修験道、仏教、神道がひとつに交じり合ったものに打ち込んでいましたが、当時の文化都市に成りつつあった鎌倉から最先端の仏教を聞き知るようになりました。

特に宋の国、中国ですが、宋の国からもたらされた座禅が、鎌倉武士の中でブームになってきていました。そのため、臨済宗の禅をどうしても学びたくて、冒険をして何度も足を運び、薫陶を受けました。

また当時は一般に念仏が普及しつつあったため、周りには念仏を行なっている人たちもいて、そこからも学びがありました。あなたは思ったら行動しないではいられない性分でしたので、許される限り足を運んで自分で験し、また教えも拝聴したのです。当時の生き方が今でも顕われています。

また江戸時代初期にも生きていました。その時も北関東に生きていました。あなたはやや燻ぶっていました。自分を活かし切れていないと感じて生きていました。鬱屈して時にイライラしたり、塞ぎ込みました。しかし自分が哀れに思うようになり、書物を読んだり、人の話を聞いて考え方を改め、自己修練に勤めました。

あなたは江戸時代の前世ばかりでなく訓練や鍛錬、修養などに惹かれ、全身全霊で打ち込むところがあったのです。そのため江戸時代の前世でも自己教育に励み、自分はこのままではいけないと思い、人生を動かしている法則や社会を動かしている法則に眼を留め、立派な人になろうと心がけるようになりました。そのかいがあって周りからも気づかれ、感心されるようになりました。今でも自己修養に励みたいと思うのはそのためです。

またとても古い時代、3000〜3500年前の関東にも生きていたことがありました。その時は今の東京の中部〜西部にかけての地域、武蔵野に住んでいました。現在、住んでいるところの近くです。現在住んでいるところよりもう少し東です。

当時は東京の海岸が今よりずっと内陸まで及んでいました。つまり今の23区は海でした。当時豪族の走りのような存在が関東にもいました。それぞれの日本の地域が独立して長のような存在により治められていました。

当時、関東では「龍王」と呼ばれる存在が周り一帯に影響を及ぼして治め、人々の相談に応じていました。あなたもその噂を耳にし、指導を受けに行った事がありました。それによってあなたは自分に目覚め、自分を確立する方向に向かえるようになりました。

また平安初期にも日本に生きていました。律令制が作られ、日本が安定期に入り始めた頃です。あなたはとても学び熱心でした。文化的なものにとても惹かれ、芸術に打ち込むようになりました。また精神性を高めるために行も行なうようになりました。行と芸術的な自己表現、もの作りに没頭するようになったのです。

その他、あなたは中央アジアや中国、モンゴルなどでも生きていました。中国でも何度か生まれ変わっています。このようにしてあなたは東洋を中心に生まれ変わりました。

そして次第に焦点が絞り込まれ、内省も深まって来ています。いい感じに整って来ています。以上を踏まえ、今世のこれからをより良い生として生きましょう。それがまた霊界や来世にとより良いものをもたらしていくことになるでしょう。

リーディングを終了します。

リーディングを受けて感じたこと

このリーディングは質問形式ではなく、前世のみについて詳しくうかがったものです。自分の魂が何処から来て、何処に向かっているのか、その流転を宇宙規模で知りたくなって受けたものです。

エドガー・ケイシーのリーディングでもアトランティスやムーが出てきますが、これを今の人類や文明に当てはめて考えると混乱します。これは今の人類の存在の仕方になる以前のもっと霊的な存在だったころの話です。このような物質文明になる以前の時代です。

私がもっとも感動したのは霊界での自分の在り方について語られている部分です。顕界に身体を持って生まれ変わっている状況だけでなく、霊界での準備期間についても語れたことに、そして生まれ変わりを厭わなかったというところに感動しました。

そうして自分のすべてがこと細かく記憶されていることに驚き、感激しました。私はいつもひとりではなかった。こうして大いなる存在は私を見つめ、愛をもって育み、導いてくださっている。過去もそして今も、未来も。そのようなことに感動したのです。

万能の神、その偉大さが想像を超えていることに気づきました。すべてが記憶され、育て導かれているのは、私ひとりではありません。地球上すべての人類がそうなのです。すべての人間が記憶され、育まれ、導かれて、今があるのです。

今生かされている理由は成長するように、霊的に進化した人類となるように導かれているということです。この道を行けば、もっともあなたが成長できますよというのが今のこの人生です。それに関わっていてくださるのが神仏といわれるようになった存在です。そして大本にはこの宇宙を創造し、維持し、支えている大いなる存在があるのです。

(すずきすずよ)